三湖(城山・津久井・宮ケ瀬)めぐり。草戸山から雨乞山、南山へ。

LINEで送る

まずは草戸山から城山湖を眺める。発電のための揚水湖なので、1日で最大28mの水位変化がかるから柵の中に入らないでのアナウンスが流れている。

城山湖を半周して、峰の薬師へ。ここからは津久井湖と津久井城山が良く見える。峰の薬師では、10円で鐘が3回つける。
峰の薬師を降りて、三井そよ風橋で津久井湖を渡り、山城:津久井城山へ。四季の広場では楽しそうな親子連れが遊んでいた。梅が咲いていた。面白い案内を発見、竹箒で健康にと上手いやり方。
関東ふれあい道の標識をたどり、無料庵バス停、久保田酒造の裏の尾根を進む。韮尾根という珍しい名前、その先は雨乞山だ。429mの山頂には、何も無い。少し広場になっているだけ。オギノパンの裏を進み、南山遊歩道入口。南山からは宮ヶ瀬湖、仏果山、大山と丹沢が展望出来る。下山は大堀方向へ、上長竹バス停がゴールだ。(個人山行:T記)