冬のトレーニング山行・景信山

LINEで送る

1/30(土)高尾駅北口(相模湖行き)バス停集合で、大垂水峠を越えて「底沢」バス停下車。
中央本線を右に中央道をくぐり甲州古道を行く。
途中お寺の前でロープワーク、スリング、カラビナの説明を受け、スリングを身体に取り付け、カラビナをぶら下げて西北尾根取付きへ出発です。
登る前に「沢の渡渉」の講習を一時間程する。
1 下流に向かって渡る事
2 ロープはたるむ事なく 張る事
3 膝上になる様な水量なら渡らない事
などの注意を受けて一人ずつカラビナを引っ掛けて渡る練習。
講習終了後、西北尾根を景信山へ、中々の急登です。
送電線下で昼食、お天気は良く日も当たっているが風が冷たく、早々に昼食を済ませ再度急登。
小仏峠と景信山の間にある一般登山道へ出た所で小休止(疲労困憊ぎみ)。
景信山からの景色を堪能した後、小下沢分岐で小仏バス停へ下りる人達と別れて、東尾根を下山する。
前半は先日降った雪に緊張し、後半はキツい下りに「全集中」で下山です。
下山した向いにある木下沢梅林園では、梅が少し咲いていました。
大下バス停から高尾駅へ、駅で解散しました。

本日の軌跡 https://yamap.com/activities/9604761