日の出山でツツジを楽しみ、タラの芽が残る金比羅尾根を下る

LINEで送る

今日は2チームで日の出山を目指す。古里駅から大塚山を経て、日の出山へのチームと、奥多摩駅から愛宕山、鋸山、大岳山、鍋割山、奥の院、御嶽神社に進み、日の出山で合流のチームだ。日の出山はツツジが咲き、山頂では多くのグループが楽しんでいた。外人のグループが多い。日の出山からは、前回八重山(上野原・4/4)で天ぷらをやったのを思い出しながタラの芽を取る会長。この尾根は高低差が無い代わり、だらだら長いのも特徴だ。杉の木に占有を現わす、苗字の一文字が6人も書かれている。

 

 

 

 

少し飽きた頃琴平神社に着いた。ここでツエルトの体験をする。ツツジが咲いてる中を、武蔵五日市駅に下る。今日は外人さんと良く会う。「こんにちは」と言うと、必ず「コンニチハ」と答えてくれる。