急登の稲村岩尾根を登り長大な稜線の石尾根を下山して奥多摩駅へ(再挑戦)

LINEで送る

今年3月23日に積雪のため鷹ノ巣山頂で引き返した(ピストン)山行の再挑戦(リベンジ)です。

稲村岩登り口から鷹ノ巣山頂まで続く稲村岩尾根は奥多摩三大急登の一つです。登り口から山頂まで急登、急登また急登で、前回は雪でよく分からなかったのですが、小刻みの九十九折の踏み跡(トレース)が続いていました。

今回は「急がず・休まず」を目標に抱え、2時間掛けてようやくヒルメシクイノタワに到着、そこから下った先のコルから一気に山頂までの急登が一番きつかった。前回は膝上積雪で判らなかったが沢山の大きなガレや根っ子が張り出しており転倒の危険が大きく慎重に登った。登りながら、「雪の中、よくこんな場所登って降りたな」と自画自賛したり、「樵さんたちは、ここを登る前に下のタワで昼飯食って体力つけたんだな」と納得したり、目の前に真っ黒いブヨ数匹にとりつかれると「俺の飛蚊症をおちょくっているのか」と怒ったりしているうちに頂上に着きました。

頂上からの風景は霞がかかってぼんやりしていたが、雲の上に富士山が顔を出したので慌ててシャッターを切つた(写真添付)。

石尾根は雲取山から奥多摩駅近くまで続く奥多摩屈指の長大な稜線。七ツ石山から分岐と合流をを繰り返す巻道と三ノ木戸山(さぬきどやま)を巻く三ノ木戸コースがあるが、鷹ノ巣山頂から本家本元の石尾根縦走コースで下山した。

鷹ノ巣山から六ツ石山は多くが幅広い尾根で中央は防火帯となっている。道は車が通れそうなほど広いところもあり歩きやすかった。両サイドは落葉広葉樹林で新緑が美しい。

六ツ石山から約30分いったところに三ノ木戸コースへの分岐点があった。このあたりから杉林が多くなった。更に約30分行ったところで七ツ石山からの巻道の最後の合流があった。絹笠山に向かって、途中の峰畑峠からジグザクの山道を降りたところで舗装の林道にぶつかった。近道の山道を下って再度の舗道林道を約30分歩いてゴールの奥多摩駅に着いた。

 コースタイムは 

中日原登山口6:34・・・7:26稲村岩登り口7:31・・・9:38ヒルメシクイノタワ9:38・・・10:21鷹ノ巣山頂10:45・・・12:25六ツ石分岐12:25・・・12:59三ノ木戸分岐12:59・・・15:32奥多摩駅

で歩行時間は8時間29分(上り3時間42分、下り4時間47分)、休憩時間は29分ですが、歩行中に熱中症防止のため約1分間の水分補給タイムを頻繁に取っていました。

なお、標高差は約1413m、手持ちの歩数計は25995歩を示していました。